診療のご案内 guide

整形外科

橈尺骨骨折

インプラント治療例

動物病院 骨折 犬 猫 吹田
(トイプードル、1歳)

・小型犬(トイプードル、ポメラニアンなど)の前腕(橈骨、尺骨)は非常に細く、ソファやベッド、抱っこからの落下が原因で骨折するケースが多く見られます。

 

・日頃からソファやベッドに上らせない、マット等の滑り止めを敷く、小さなお子様には床に座った状態で抱っこしてもらうなどの工夫が必要かもしれません。

吹田 犬 骨折 手術
(Mix犬、1歳)

・骨折の治療は、ギプス、インプラントなどを用いて行われますが、これらはあくまでも、“骨折が治る=骨がくっつく” ための補助となるものです。

 

・治療には、適切な運動制限など、ご自宅での管理やケアが大変重要です。

橈尺骨骨折

ギプス治療例

犬 骨折 ギプス
(トイプードル、9ヶ月齢)

・骨折による“骨のズレ”が小さい場合、ギプスによる治療が可能です。多くの場合、全身麻酔を必要としないため、動物の負担も少なく済みます。

犬 骨折 ギプス 吹田
(MIX犬、3歳)

・中〜大型犬の場合、事故や外傷などによる骨折が多く見られます。

肘頭骨折

犬 猫 骨折 ギプス 手術 吹田
(ビションフリーゼ、1歳)

・肘頭(ちゅうとう)は、「肘鉄(ひじてつ)」と呼ばれる肘の頂点の部分のことで、二の腕と前腕を繋ぐ蝶番の働きをし、肘の曲げ伸ばしを滑らかにする役割があります。

 

・ここが折れると、肘の機能や動きが損なわれ、腫れと激しい痛みを生じます。

中手骨骨折

犬 猫 骨折 吹田
(マルチーズ、6歳)

・中手骨は「手のひら」の骨で、抱っこから落下したり、人が誤って踏んでしまった場合などに折れるケースが多いようです。

脛骨骨折

動物病院 骨折 犬 猫 手術 吹田
(アメリカンショートヘア、10ヶ月齢)

・猫ちゃんは、階段や高所からの落下事故による骨折が多い傾向にあります。

 

・脛骨すなわち「スネ(脛)」の周囲は筋肉などが薄く血流に乏しいため、この箇所の骨折は癒合不全が起こりやすいと言われています。

猫 骨折 手術 吹田
(日本猫、1歳)

・写真のような、体の外に装具がついた固定具を「創外固定」と呼びます。骨の癒合にあわせて段階的に外していき、最終的には全て外して完治となります。

骨折治療の選択肢

骨折の状態や動物の条件等に応じて治療法を選択していきます。

動物病院 骨折 手術 吹田
(手術器具やインプラントの一部)

【インプラント、創外固定など】

・骨折による骨のズレが大きい場合や、ギプス固定ができない箇所の骨折などが適応になります。

・骨折の部位、動物の大きさや手術用途にあわせて選択できるよう、様々な種類のものが作られています。

動物病院 骨折 ギプス 吹田
(ギプス材料の例)

【ギプス(外固定)】

・骨折による骨のズレが小さい場合などが適応となります。

・手術前後の一時的な固定として使用されることもあります。

・多くの場合、全身麻酔を必要としません。

膝蓋骨脱臼

病態の理解が難しい疾患のひとつです。治療の必要性の有無も含めて獣医師とご相談ください。

犬 パテラ 膝蓋骨 脱臼 手術 吹田
(トイプードル、4歳)

・膝蓋骨脱臼とは、後ろ足の「ひざの皿(膝蓋骨=パテラ)」が大腿骨滑車(皿の収まる溝)から外れる状態をいいます。

 

・外傷が原因で脱臼することもありますが、多くは先天性で成長期の異常として見つかります。トイプードル、チワワ、 柴犬などに多い疾患です。

犬 膝 脱臼 手術 整形 吹田
(トイプードル、4歳)

・膝蓋骨が脱臼すると、膝をまっすぐに伸ばせなくなるため、ケンケンしたり、突然キャンと泣いて後ろ足を気にする、ガニ股に見える、などの症状がみられます。

 

・当院では、①明らかな症状がある場合(中等症〜重症)や、②生後6ヶ月未満の若い時期に脱臼が見られる場合(成長に伴い悪化するリスクが高い)に、治療、手術をお勧めしております。

前十字靭帯断裂

犬 前十字靭帯 手術 吹田
(チワプー、7歳)

・前十字靭帯は、大腿骨(太ももの骨)と脛骨(スネの骨)を結ぶ靱帯で、大腿骨に対して脛骨が前方に飛び出したり内側にねじれないように支える役割があります。

 

・肥満、加齢、慢性の膝蓋骨脱臼による靭帯の脆弱化などが原因で、前十字靱帯は切れやすくなります。靭帯の損傷によって、痛みや、足を挙げたりかばったような歩き方などが見られます。

犬 前十字靭帯 整形 吹田
(写真はTPLO手術症例 / 高度医療施設へのご紹介となります)

・治療は、鎮痛剤などによる内科治療もしくは外科手術となります。手術は、ラテラルスーチャー(関節外制動法)とよばれる、脛骨が前方に変位かつ内旋しないよう膝関節に糸をかける方法を用います。

 

・中〜大型犬では、より術後早期の回復が期待できる「TPLO(脛骨高平部水平化骨切り術)」という手術を実施されている高度医療施設へのご紹介も行なっております。

大腿骨頭壊死症(レッグペルテス病)

成長期の小型犬に多い疾患です。

犬 大腿骨頭壊死 レッグペルテス 手術 吹田
(トイプードル、7ヶ月齢)

・股関節を形成する大腿骨頭(太ももの骨と骨盤との連結部)が壊死を起こし、関節炎や骨折を起こす、原因不明の病気です。人にも同じ病気があり、その発見者の名前から「レッグ・カルベ・ペルテス病」とも呼ばれます。

 

・足を挙げたり、かばうように歩く、痛がるなどの症状がみられ、ほとんどが進行性に悪くなるため、内科治療で改善がない場合、「大腿骨頭切除術」という手術が行われます。

股関節脱臼

*)準備中です。

肩関節脱臼

*)準備中です。