診療のご案内 guide

歯科

乳歯遺残

乳歯 犬 歯科 吹田
(1歳、チワワちゃん)

・乳歯から永久歯へ生え変わる生後7ヶ月頃を過ぎても乳歯が抜けない時には、歯並びの悪化や、歯周病の原因となるため、乳歯を抜く必要があります。

 

歯周炎

犬 歯石 歯垢 口臭 歯科 吹田
(5歳、プードルちゃん)

・歯石の上に新たな歯垢が付着し、歯石と歯垢の付着を繰り返す悪循環によって、歯周炎が進行していきます。

 

・炎症が続いて、膿がたまると歯槽膿漏(しそうのうろう)になります。

 

・中高齢の小型犬のワンちゃんはとくに注意が必要です。

外歯瘻(がいしろう)

犬 目の下 腫れ 歯科 吹田
(5歳、プードルちゃん)

・重度の歯周炎によって顎の骨が溶けて、皮膚にまで穴があいた状態を外歯瘻(がいしろう)といいます。

 

・目の下が急に腫れてきたら要注意です。

下顎骨骨折

犬 歯周病 歯科 吹田 
(9歳、プードルちゃん)

・歯周炎によって顎の骨が溶けると、硬いものを噛んだりしただけでも、容易に顎の骨が折れてしまいます。

 

・歯の治療だけでなく、骨折の治療が必要となるケースも多く、歯周炎を放置しないことが重要です。

猫の慢性歯肉口内炎

*)準備中です。

破折(はせつ)

犬 歯 折れた 歯科 吹田
(2歳、ミックスちゃん)

・破折(はせつ)とは歯が折れたり、割れたりすることを言います。牛のヒヅメや鹿の角、硬いおもちゃを噛んだ時などに折れてしまうケースが多いようです。

 

・歯を温存できそうな場合には、歯内治療が可能な歯科専門の動物病院をご紹介させていただいております。

 

・すでに歯根部に感染が起きている場合(根尖膿瘍)など、抜歯が必要なケースは、当院にて治療が可能です。

 

口腔内腫瘍

犬 歯科 腫瘍
(いずれも犬)

・口腔内にできる腫瘍は良性のものから悪性のものまで様々です。

 

・腫瘍の良性、悪性は見た目では判断が難しく、診断には細胞診や組織検査が必要となります。

犬 口 腫瘍 悪性
(いずれも犬)

・はじめは小さな腫瘍でも、放置していたら気づいた時には相当大きくなっていた、というケースが大変多く見られます。

 

・早期発見、早期治療のためにも、日頃からの歯周チェックが重要です。

日常ケアが大切です☝️

歯周ケアにお困りの際は、当院スタッフまでお気軽にご相談ください。

犬 歯石 歯磨き 歯科 吹田 豊中
(初代看板犬 チャオ)

・歯磨きなどの日常ケアを習慣づけるためには、子犬の頃から口を触ることに慣れてもらうなど、早めのトレーニングが大切です。

 

・歯石とり(スケーリング)を行なったとしても、その後の歯周ケアを怠ると、歯垢や歯石はあっという間についてしまいます。

犬 歯磨き 動物病院 吹田 豊中
(チャオ 14歳)

・日々の歯磨きや、適切な時期でのスケーリングなど、歯周ケアに気を配ることで、高齢になっても丈夫な歯が残り、ご飯やオヤツも美味しく食べることができます。